Apacheインストールその1 Edit

ザウでApache+PHPでPukiWikiという野望達成のため、まずはApacheをインストールしてみる。
ここにApache+PHPというてっとりばやいipkがあるんだけど、いろいろとカスタマイズ(あとでPostgreSQLのモジュールも入れたいし)したいので、自分でソースからmakeしてみる。
まずはhttpd-2.0.52.tar.gzを拾ってきてお決まりの手順で展開。
ドキュメント類と./configure --helpの情報からconfigureのパラメータを決定。
う〜ん、とりあえずデフォでいいや(笑)

というわけで、configure を実行して見ると、od が無いのでエラーとなる。
しかたない。先に od を含む textutils をインストールしよう。

textutilsインストール Edit

textutils-2.1.tar.gzを拾ってきて展開、configure実行。
すると、perl の5.003以上が見つからないとの WARNING。
perlが無いと一部の試験ができないよ〜という事らしい。
しかたない。先に perl をインストールしよう。

perlインストール Edit

perl-5.8.5.tar.gzを拾ってきて展開、インストール手順に従ってsh Configure実行。
sh Configure で comm が無いのでエラー。
しかたない。先に comm を含む textutils をインストールしよう。
以下無限ループ(笑)

...これじゃあしようがないので、textutilsをWARNINGを無視して先行してインストールする方向で。

textutilsインストール再び Edit

# ./configure
# make
# make install

WARNINGを気にしなければ何事もなかったようにインストール完了。
make check は perl 作成後にあらためてということで。

perlインストール再び Edit

sh Configure でいろいろとパラメータを設定する。
対話式で進めたので細かいところはよく覚えていないけど、できたバイナリでperl -Vした情報は以下の通り。

Summary of my perl5 (revision 5 version 8 subversion 5) configuration:
  Platform:
    osname=linux, osvers=, archname=armv5tel-linux
    uname='linux zaurus 2.4.20 #1 thu, 28 oct 2004 09:59:43 +0900 armv5tel unknown '
    config_args=''
    hint=recommended, useposix=true, d_sigaction=define
    usethreads=undef use5005threads=undef useithreads=undef usemultiplicity=undef
    useperlio=define d_sfio=undef uselargefiles=define usesocks=undef
    use64bitint=undef use64bitall=undef uselongdouble=undef
    usemymalloc=y, bincompat5005=undef
  Compiler:
    cc='gcc', ccflags ='-fno-strict-aliasing -pipe -I/usr/local/include',
    optimize='-O',
    cppflags='-fno-strict-aliasing -pipe -I/usr/local/include'
    ccversion='', gccversion='2.95.1 19990816 (release)', gccosandvers=''
    intsize=4, longsize=4, ptrsize=4, doublesize=8, byteorder=1234
    d_longlong=define, longlongsize=8, d_longdbl=define, longdblsize=8
    ivtype='long', ivsize=4, nvtype='double', nvsize=8, Off_t='off_t', lseeksize=4
    alignbytes=4, prototype=define
  Linker and Libraries:
    ld='ld', ldflags =' -L/usr/local/lib'
    libpth=/usr/local/lib /lib /usr/lib
    libs=-lm -lc
    perllibs=-lm -lc
    libc=, so=so, useshrplib=false, libperl=libperl.a
    gnulibc_version='2.2.2'
  Dynamic Linking:
    dlsrc=dl_none.xs, dlext=none, d_dlsymun=undef, ccdlflags=''
    cccdlflags='', lddlflags=''


Characteristics of this binary (from libperl):
  Compile-time options: USE_LARGE_FILES
  Built under linux
  Compiled at Nov 24 2004 08:34:41
  @INC:
    /usr/local/lib/perl5/5.8.5/armv5tel-linux
    /usr/local/lib/perl5/5.8.5
    /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.5/armv5tel-linux
    /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.5
    /usr/local/lib/perl5/site_perl
    .

さて、make してみると、Errno.pmの生成でエラー発生。
/usr/include もしくは /usr/local/include に errno.h が無いのが原因のようだ。
/usr/local/zgcc/include には存在するので、そちらを参照するようにext/Errno/Errno_pm.PL を修正

  $ diff Errno_pm.PL.org Errno_pm.PL
  113c113,114
  <           '/usr/include/errno.h' : '/usr/local/include/errno.h';
  ---
  >           '/usr/include/errno.h' : -e '/usr/local/include/errno.h' ?
  >               '/usr/local/include/errno.h' : '/usr/local/zgcc/include/errno.h';

そして再度 make を実行。今度はエラーなし。

make install でインストール完了。

さて、perl 作ったのでせっかくだから ipk 作ってみよう。
...と、ここで考えたのが敗因(笑)
パッケージ自体はすぐに完成したんだけど、テストのためにインストール/アンインストールしようと思ったら... それだけで数時間潰れた(^^;
眠いので続きは明日(^^;


カテゴリ:日記:Zaurus:Software


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-19 Mon 17:42:18 JST (4575d)