SL-C3000

lessインストール Edit

shell で作業してるとページャーがないと非常に不便。
more じゃ使い物にならないし、viでってのもなんだし

というわけで、less をインストールしてみる。
ipkもあったような気がするけど、ここはあえてソースから生成して見る(笑)

less-382.tar.gz を拾ってきて、適当なところに展開。
私は /home/root/Documents/ に work というディレクトリを作ってそこで作業しています。
ここは一番広い hdd3 にマウントされており、また、PCからも見えるので非常に便利です。

# gunzip -c less-382.tar.gz | tar xvf -

で展開完了 less-382 というディレクトリができているので、そこに cd します。 そして configure を実行。

# ./configure --prefix=/home/QtPalmtop --disable-largefile 

ディレクトリは標準の /usr/local でもよかったのですが、将来 ipkg 化した時のことを考慮して /home/QtPalmtop? に変更しました。 また、--disable-largefile は、ざうで巨大なファイルを扱わないだろうということで(笑)

# make

エラーが出なければコンパイル完了。 make install で所定のディレクトリにコピーされます。

# make install

less を起動してみてちゃんと動けばインストール完了。

# less readme

jless-358-iso254 Edit

そういや、日本語の扱いを強化したjlessってのがあったはず...というのを思い出したので、探してきました。
jless_358-iso254.orig.tar.gz と jless_358-iso254-1.diff.gz を拾ってきて、オリジナルのless-358にjless-358-iso254パッチとjless_358-iso254-1パッチをあててconfigure/make/make install。
手っ取り早く環境変数LANGをja_JPに設定して less README.iso.jp してみて日本語が正しく表示されるのを確認。
less自体のバージョンは古くなるけど、こっちの方が扱いやすいからこっちに置き換えました。




トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS