FileSystem

hdd3のext3化 Edit

セルフでコンパイルとかする場合、やはりvfatではなにかと不便なので、やはりext3化することにしました。
手順はさきらさんのところnoirさんのところを参考に。

...って手抜きだなぁ(笑)<私

ちなみに、swapパーティションを作ってある私のSL-C3000でも手順的に変わるところはありませんでした。

また、/root/etc/rc.d/rc.rofilesysファイルはtmpの拡張とあわせてこんな感じになってます。

# diff /root/etc/rc.d/rc.rofilesys.org /root/etc/rc.d/rc.rofilesys
61c61
< mount -t tmpfs -o size=1m none /dev/shm
---
> mount -t tmpfs -o size=4m none /dev/shm
84c84
< mkfs.vfat -F 32 /dev/${IDE1}3 2> /dev/null > /dev/null
---
> mke2fs $MKE2FSOPT /dev/${IDE1}3 2> /dev/null > /dev/null
105c105
< mount -t vfat -o noatime,quiet,umask=000,iocharset=utf8 /dev/${IDE1}3 /hdd3
---
> mount -t $LINUXFMT -o noatime /dev/${IDE1}3 /hdd3
158c158
<       mount -t tmpfs -o size=1m none /dev/shm
---
>       mount -t tmpfs -o size=4m none /dev/shm
202c202
<       mount -t vfat -o noatime,quiet,umask=000,iocharset=utf8 /dev/${IDE1}3 /hdd3
---
>       mount -t $LINUXFMT -o noatime /dev/${IDE1}3 /hdd3
229c229
<       mount -t tmpfs -o size=1m none /dev/shm
---
>       mount -t tmpfs -o size=4m none /dev/shm
264c264
<       mount -t vfat -o noatime,quiet,umask=000,iocharset=utf8 /dev/${IDE1}3 /hdd3
---
>       mount -t $LINUXFMT -o noatime /dev/${IDE1}3 /hdd3
#

さらに、こちらの記事によるとUSB マスストレージモードでPCに接続した場合、単にPC上でext3がマウントできないだけでなく、接続解除後の挙動に問題があるとのこと。
その対策で /etc/hotplug/usbdstorage.agent も変更しましょう。

こんな感じ

# diff usbdstorage.agent.org usbdstorage.agent
94c94
<         mount -t vfat -o noatime,quiet,umask=000,iocharset=utf8 /dev/hda3 /hdd3
---
>         mount -t ext3 -o noatime /dev/hda3 /hdd3
#

  • 今日、再起動してみたら「HDD3 Error」で起動できなかった。あせった(^^; 原因はrc.rofilesysが1文字間違っていたという... 皆さんもご注意を -- Makichan? 2004-11-22 (月) 12:03:57
  • ちなみに間違っていた内容は、rc.rofilesysの264行目のmount行の-oパラメータがなぜかnoatimevに...
    D+Bリセットで修正しようとしたのですが、何故かviがまともに動かないし...
    仕方ないのでsedで修正して事なきを得ましたが -- Makichan? 2004-11-22 (月) 19:49:43

カテゴリ:Zaurus


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-19 Mon 16:07:27 JST (4202d)