FileSystem

swapパーティションの作成 Edit

せっかくHDD搭載しているので、HDDにswapパーティションを作ってみましょう。
方針としては、既存の hda3 パーティションを分割して hda3 , hda4 を作り、hda4をswapパーティションとして利用します。
パーティションの切り直しには fdisk を使用しますが、なぜか SL-C3000 に初期導入済みの fdisk (2.11y) ではうまくいきません。
そこで、まずfdisk 2.11gをインストールします。

そして、hdd3の内容をバックアップします。
hdd3の内容は完全に初期化されるので、必ずバックアップを取ってください

# ls -l /hdd3
drwxrwxrwx   14 root     root         4096 Nov 16 16:36 Documents
drwxrwxrwx    4 root     root         4096 Dec 31  1979 dict1
drwxrwxrwx    3 root     root         4096 Dec 31  1979 dict2

とりあえず起動しているアプリ(高速起動がONになってるアプリも含む)を全部終了します。
dict1とdict2はCD-ROMに同じものがあるので、Documents以下をtarで固めて退避することにしましょう。

# cd /hdd3
# tar cvf - Documents | gzip -c > docs.tar.gz

できた docs.tar.gz をPCに転送すればOK
いや、hdd2にコピーしといてもいいんですけどね(笑)

そして、/hdd3をumountします。

# umount /hdd3

ここで文句を言われるようならまだ起動しているアプリがあるはずです。ps -ef でそれっぽいプロセスを探して終了させます。

そして、fdiskを使ってパーティションを切り直します。
fdisk をパス指定無しで起動すると、初期導入済みの /sbin/fdisk (2.11y)が起動してしまうので、かならず /usr/sbin/fdisk とフルパス指定で起動してください。

# /usr/sbin/fdisk /dev/hda

The number of cylinders for this disk is set to 7936.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
   (e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7936   3485664    c  Win95 FAT32 (LBA)

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 3

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux

Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 3
First cylinder (1021-7936, default 1021):
Using default value 1021
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1021-7936, default 7936): 7675

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7675   3354120   83  Linux

Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 4
First cylinder (7676-7936, default 7676):
Using default value 7676
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (7676-7936, default 7936):
Using default value 7936

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7675   3354120   83  Linux
/dev/hda4          7676      7936    131544   83  Linux

Command (m for help): t
Partition number (1-4): 4
Hex code (type L to list codes): 82
Changed system type of partition 4 to 82 (Linux swap)

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes
 
   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7675   3354120   83  Linux
/dev/hda4          7676      7936    131544   82  Linux swap

これで /dev/hda4 に 128MB のスワップパーティションができました。
hda3をext3に変更せずにvfatのままで利用している人は、hda3のシステムタイプをvfatに戻しておきましょう。

Command (m for help): t
Partition number (1-4): 3
Hex code (type L to list codes): c
Changed system type of partition 3 to c (Win95 FAT32 (LBA))

Command (m for help): p

Disk /dev/hda: 16 heads, 63 sectors, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7675   3354120    c  Win95 FAT32 (LBA)
/dev/hda4          7676      7936    131544   82  Linux swap

というわけで、これを書き込んでfdiskを終了します。

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Re-read table failed with error 16: Device or resource busy.
Reboot your system to ensure the partition table is updated.

WARNING: If you have created or modified any DOS 6.x
partitions, please see the fdisk manual page for additional
information.
Syncing disks.
# 

エラーが出てる気がするので念のため確認。

# /usr/sbin/fdisk -l /dev/hda

Disk /dev/hda: 4095 MB, 4095737856 bytes
16 heads, 63 sectors/track, 7936 cylinders
Units = cylinders of 1008 * 512 = 516096 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/hda1             1       204    102784+  83  Linux
/dev/hda2           205      1020    411264   83  Linux
/dev/hda3          1021      7675   3354120    c  Win95 FAT32 (LBA)
/dev/hda4          7676      7936    131544   82  Linux swap
#

これでパーティションの準備は完了しました。
次は、作成したパーティションをフォーマットします。

vfatの場合:

# mkfs.vfat -F 32 /dev/hda3

ext3の場合:

# mke2fs -j /dev/hda3

そして再マウント

# mount /dev/hda3 /hdd3
# df /hdd3
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda3              3478852         4   3478848   0% /hdd3
# 

あとはバックアップしておいたデータをPCから戻して復元して、hda3の処理は完了です。

# cd /hdd3
# gunzip -c docs.tar.gz | tar xvf -

続いてswapパーティションの設定。

# mkswap /dev/hda4
Setting up swapspace version 1, size = 134696960 bytes
# swapon /dev/hda4
# free
              total         used         free       shared      buffers
  Mem:        62108        36772        25336            0         1796
 Swap:       131536            0       131536
Total:       193644        36772       156872
# 

これでswapも有効になりました。
/etc/fstab に swap のエントリーを追加しておくと、swapのon/offが swapon -a , swapoff -a で簡単にできるので、追加しておきましょう。

# cat /etc/fstab
/dev/mtdblock2  /               jffs2   ro,noatime      1  1
/dev/mtdblock3  /home           jffs2   defaults,noatime        1  2
none            /dev/shm        tmpfs   size=1m,noauto  0  0
/dev/mmcda1     /mnt/card       auto    noauto,owner    0  0
none            /dev/pts        devpts  gid=5,mode=620  0  0
/dev/hda4       swap            swap    defaults        0  0

最後の行が追加した行です。


  • mkPlWpQWbZoiEChbm -- buytramadol6914? 2009-08-30 (日) 07:15:08

カテゴリ:Zaurus


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-30 Sun 07:25:18 JST (3553d)